性病も風邪等と同じで潜伏期間があります。その性病によって期間が異なりエイズだと約10年ほどの潜伏期間があります。また性病によっては自覚症状がないものもありますので注意が必要です。

性病の潜伏期間

性病の感染で精神病になっているときは治療を受けよう

うつ病などの精神病は、身体の機能に支障をきたすことも多くあります。
精神病としては不安障害と呼ばれるものもあり、発症してしまう原因としては遺伝的な要因であったり、がんや性感染症にかかっていることで、他人に病気をうつしてしまうことが不安になって発症することも考えられます。
また、日本人の中で発症するリスクが高い性病としては、クラミジアを挙げることができます。
女性がクラミジアに感染して、そのまま放置してしまうことで不妊症になる可能性があります。
パートナーから性病をうつされて感染してしまうことや、または感染させてしまったときに気分障害などに陥って精神病になることも考えられます。
性病の感染による精神病の発症を防ぐためにも、早期に医療機関において治療を受けることが大切になります。
クラミジアなどの性病の治療としては、バルトレックスなどの経口薬が有効です。
バルトレックスは吸収率が高いために、服用してから即効性が期待できる医薬品となります。
バルトレックスはDNAポリメラーゼ阻害薬ですので、ウイルスの感染によって引き起こされる性病の場合に、ウイルスが増殖する原因となるDNAの複製機能を阻害する作用があります。
再発する可能性もあることから、バルトレックスを継続的に服用しておくことも予防策になります。
性感染症の疑いがあるときには、女性の場合には婦人科や産婦人科、男性の場合には泌尿器科や皮膚科などを受診します。
近年では性病外来が設置されている医療機関もありますし、性病の問題はデリケートなものとなるために、直接的に診断を受けるのは恥ずかしいと感じる人の場合には、自宅で使える検査キットで調べて、郵送する方法で性病に感染しているかどうか調べてくれる事業者もあります。